サプリメントのやってはいけない使用方法

これは、私が高校生の時に起きた出来事です。
当時サプリメントがとてもブームで特に女子の間で流行っていました。
私は太っている、肌が汚い、頭が悪いなど悩みがつきない思春期でした。
ドラックストアに行くと、某サプリメントの会社がお値打ち価格で何種類ものサプリメントを販売していました。
1つ1つの効果効能を読んでいるととても魅力的で私の求めている言葉ばかりでした。
痩せやすくなる、肌が白くなる、頭がよくなる、とどれにしようか一時間弱サプリメントとにらめっこしていたのを思い出します。
とにかく気になった物、ビタミンC,カルシウム、クエン酸、コエンザイムQ10などを買い飲んでいました。
でもなかなか効果が表れませんでした。服用を続けてながら、ドラックストアに立ち寄ると、ドリンクタイプの燃焼系の物が新しくでていたりしたので
それも買いました。結局計8品を同じタイミングに服用する形になりました。お肌は落ち着きましたが、それでももっとよくなりたい意思が強くなり、
一つ二つと服用する量を多くしていきました。
すると体育の時間にとんでもない腹痛と吐き気に襲われ、倒れてしまいました。
病院で診てもらうと、胃潰瘍になっており穴が空いていたのです。
もともと胃が弱い事から、サプリメントを溶かしたて吸収しようとする際に負担がかかってしまい、胃が異常反応を起こしてしまったそうです。
サプリメントの大量摂取は身体をむしばんでしまう事もあるというのを身をもって経験しました。
複数飲みたい場合は、同じメーカーの物、そして一粒にいくつかの成分が配合されている物を選んだ方がよいそうです。